父の日プレゼントは子供の手作りで感動を。2歳児と一緒に作ろう。

スポンサードリンク

お仕事が忙しい中も
合間を縫って育児の手助けをしてくれるご主人へ
いつも感謝しているけど、照れくさくてなかなか伝えづらくて、
面と向かって伝えたことないのでは・・?

6月の第3週の『父の日』を使って
お子さんと一緒に感謝の気持ちを愛情たっぷりに伝えましょう^^

スポンサードリンク

父の日プレゼントは手作りが一番幸せを感じる

なかなか、伝える機会もないし
態度・言葉で感謝の気持ちを日常で伝えてなくても
父の日はおもいっきり感謝の気持ちを伝えましょう。

一番気持ちが伝わるのは、手作りです。

あなたのお父さんも
ずーっと大切に保管しているあなたからのプレゼントって
幼い頃に作った手作りの品ではありませんか・・?
大人になってから気がつくのは
子供からもらった、何が書いてあるか分からない絵でも
とってもうれしいもの ^^笑

ご主人にもそんなあったかい気持ちになってもらいましょう♡
手作りのパーターンは3種類あります。

①食べ物
risarisa20141018093713_TP_V1

ケーキやクッキーなどのお菓子をお子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか?
とは言いましてもお子さんは、お料理が出来るわけありませんので
再度のトッピングをお手伝いしてもらったり、
どの配置にするか、どの色にするか、一緒に考えてみましょう。

②実用品
LISA85_kabanasaru20141018095859_TP_V1

ご主人がいつも使っているハンガーにデコレーションしたり・・
帰宅後の小物入れに一緒にお絵描きをしたり・・
らくやきマーカーでマグカップに絵を書いたり・・

お子さんの絵と何か実用的な小物をコラボさせるのが
とっても簡単です。

③肩たたき券
LISA78_TSmugen20141018095609_TP_V1

古くからの定番?とも言える。
肩たたき券は、すぐに作れて、お子様とご主人のコミュニケーションにもなります。

父の日プレゼントは子供参加型手作り

子供から渡された物なら
とにかくなんでも嬉しいご主人だと思いますが^^

お子様には、
お父さんが喜んでくれていることを感じてもらう必要があります。

何かプレゼントするとお父さんが喜ぶという単純な感性ですが、
1つずつ経験させてあげたいですよね。

そのために重要なのは、

①お子さんから渡してもらう。

当然と言えば当然ですが、
つい、お母様もはりきって作っているので
(ほぼお母さんが作りますしw)
ついつい、自分で渡してしまいそうになりますが、
ご主人のお帰りが遅いようでしたら、朝一緒に渡す等の工夫をしてください。

②お父さんが使っている所を見せる。

プレゼントした品をお父さんが使っているかを
お子さんは、きっとチェックしています。

気にしていないようで、見ているのが子供ですから。

なので、ご主人にも
大切にし過ぎて、しまい込まないで使ってね♡とお伝えください。

さいごに・・

いつまでも
お父さん・お母さん、大好きな我が子でいて欲しいですよね。
そのためには、日々のイベントで家族の絆深めていってくださいね^^

ハッピーな父の日をお過ごし下さい♡

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です