日焼け止めを下地代わりにすっぴんメイク。効果的な化粧の順番と塗り直し方法。

スポンサードリンク

アラサーの主婦のみなさん。
遠くへ外出がない時も、ちゃんと紫外線対策されていますか?

シミになると分かっていても、、面倒なんですよね。
分かります〜〜

そんな時には化粧下地を日焼け止めにしたら楽チン?
効果的で簡単な日焼け止めメイクをお伝えします。

スポンサードリンク

日焼け止めを下地代わりにしてちょっとスーパー行った結果

私は面倒くさがりです。
お出かけする時には、
シャネルのコスメやジルのコスメを使って
ばっちりメイクも好きだけど、だらっとしたい日はメイクのやる気がまったく出ません。

そんな日に、スッピン(顔を洗っただけで化粧水すらつけていない)で過ごすと、
翌日顔の皮膚がガビガビになりました。

これは、まずいと思いまして、翌日からは
顔を洗った後は化粧水をつけて、
出かけるならせめて日焼け止めを塗るべきかと思い
すぐに日焼け止めをたっぷり塗って、スーパーまで行きました。

結果。。。

帰ってくると日焼け止めがよれてマダラになってしました。
これじゃあ、マダラに焼けてしまう・・涙

化粧の下地を日焼け止めにした時の順番は適切に。

どうやら、私は、順番が適切でなかったから
よれよれのお肌になってしまったようです。

順番を守れば、ヨレヨレ肌にはなりません!!

①化粧水・乳液をまずつけて、ハンドプレスする。
化粧水・乳液を塗って、肌を整えてください。
速攻で日焼け止めを塗ってしまと
油分が顔をたくさん残っているため、
日焼け止めがうまくお肌に定着しません。

また、保湿がしっかり行き届いているお肌は
日焼けがしずらい効果もあるようです。

②お肌が整ったら、日焼け止めを薄く塗る。
日焼け止めを厚く塗るとさらによれる原因です。
また、せっかくのすっぴん風メイクで良い日にも
肌が呼吸がしずらい状況を作り出すと
よりお肌が痛めつけられてしまいます。

そんな時におすすめなのが、
日焼け止め効果のある化粧下地です。

日常生活であればSPF20程度,外に出る機会が多い場合はSPF30程度、
海だとか遊園地だとか丸一日中外にいる場合はSPF50程度が良いとされています。

日焼け止めの効果がある化粧下地はたくさん売り出されています。

③パウダーをはたく
よりよれにくくするには、
化粧下地の後にパウダーをはたくと
よりよれにくくなります。

せっかくお肌を休ませられるチャンスなら、ファンデーションはお休みしましょう。

化粧下地 + パウダーだけで
肌本来の色合いが発色して、ファンデーションをつけている時より肌がきれいに見えることもあるかも??

まとめ

いつでもきれいでありたい。
美意識の高いかたは、常にお肌をケアをされているでしょう。

ケアをしていると、
あと10年後に違いが出てきますよ。。

後悔しないよう、日々ケアを怠らないよう頑張りましょうね^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です