足の疲れがとれない原因とは?効果がある解消方法について

スポンサードリンク

立ち仕事が続くと足がパンパンになりますよね。
足の疲れと痛さが半端じゃなく、寝にも寝付けないときありすよね、、
疲れを軽減させる簡単な方法ありますよ。

是非試してみてくださいね。

スポンサードリンク

足の疲れがとれない原因とは・・?

足の疲れの原因は、
リンパの流れが悪い事が原因です。

TIG89_benchinikoshikakerujyosei_TP_V1

リンパの流れが悪く、血液が引力に従ってからだの下へたまり、
循環しなくなっています。
循環しなくなった足は、凝り固まり,
同じ箇所にのみ大きな負担がかかってしまいます。

そうすることで、悪循環が発生し、
疲れを常に感じる状態になってしまいます。

足の疲れには湿布が効果的??

疲れてしまった、足を癒すには
即効性を求めるのなら、『湿布』が一番です。
特におすすめは『冷湿布』です。

疲れを感じている時は、足裏が熱を持っていることが多いのです。
そんな時は寝る前の30分間だけ足裏を冷湿布で冷やすと、
すっと眠りに付けます。
ただ、長時間湿布を貼りますと、
冷えを感じて、さらに筋肉が収縮してしまう可能性があります。

ふくらはぎが一番疲れを感じ易いですが。。
ふくらはぎですと、脂肪がすぐに反応して、
一気に身体が冷えきってしむでしょう。。
お時間は適度な時間を儲けて、
冷やし過ぎないようにも気をつけましょう。

足の疲れにはツボを刺激しよう

さて、足裏を冷やしても
まだ疲れを感じるようでしたら、
つぼを刺激してみましょう。

万能つぼであり、簡単に押すことができるおすすめのつぼは
『足三里(あしさんり)』です。
膝蓋骨のすぐ外側のくぼみから指幅4本下がった箇所です。
足を軽くする効果もありながら
足を強くする効果もあるので
毎日おしても良いですね。

まとめ

足の疲れを感じたらら、
すぐに解消できるように、

色々な手法を試してみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です