冷え取靴下で癌治療中。睡眠時には特に念入りに冷え取りしましょう。

スポンサードリンク

私も癌になってから冷え取り対策を始めました。
私自身の体感を交えて、効果についてお伝え致します。

スポンサードリンク
冷え取り靴下で癌治療が出来る!?

癌治療というと、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
癌は生活習慣を変えなくてはならない病気と言えます。

食事、睡眠、冷え取り。
この3つを改善することで、大きく身体に変化が出ます。

特に、癌治療には、下半身を温め体温を上げることが大事です。
そこで活躍するのが、冷え取り靴下です。

実際に私が冷え取り靴下を使用して効果を感じたことは、
5つあります。

・血流がよくなり、肩や腰のだるさが軽減した。
・食事の量を増やしても胃痛、腹痛がなくなった
めまいを起さなくなった。
風邪を頻繁にひかなくなった。
・疲れたときに吐気を感じることがなくなった。

背中あたりの皮膚が柔らかくなり、
血流が良くなることを、実感できました。

ただ私の場合は
根強い冷えのため、半年くらい続けることで効果を実感できました。
即効性での効果は期待しないほうがよろしいかと思います。

血流が良くなるということは、
毒素を排出しているということです。

冷え取りを推奨されている
進藤義晴先生のお言葉をお借りしますと…

毒を出してやりさえすれば、万病は治るんです。
ところが“冷え”があると、排毒をさまたげる。
だから冷えを取るんです。
すると毒が出る。どんな病気も出る。これだけのことです。

つまり…
冷え取り = 毒素排出 となります。

癌は身体にとって毒素と言えます。

毒素を排出出来る身体に生まれ変われば
癌の再発に怯えることなく
緩やかな生活を送れるのではないでしょうか。

冷え取り靴下は睡眠中も効果大

身体の毒素を排出することが大切ですが、
就寝中も毒素の排出をしていることをご存知でしたでしょうか。

起床時に口内の粘り気と口臭が気になったことありませんか。

あの嫌な粘り気は毒素です。

この粘り気のような毒素が身体ですと
汗として出てきます。

毒素を排出するのに内臓はポンプの役割があるので、大忙しで血液を送っていますが、
暖かさがあるだけで、処理効率がぐーんと上がるのです。

そのためには足先・足首を温めると、
暖かくなり足周辺の下半身の血流が良くなり、
スムーズに血液が周り、毒素がより排出されるようになります

冷え取り靴下の効果を感じるには

夜の冷え取りが重要です。
夜に冷えると日中から徐々に冷えが身体を覆って、
夕方〜夜には完全に冷えきった身体になってしまいます。

なので、ご自宅に帰宅されてから〜就寝〜朝の出発まで
冷え取り靴下を履かれることをおすすめ致します。

まとめ

・冷えは万病の大敵!
・自宅にいる限りは冷え取り靴下を履いてください。

暖かで緩やかな生活を送れるように
冷え取り靴下で健康な身体を手に入れてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です