ハムスター冬眠しているの??

スポンサードリンク

大切に育てていたハムスターが
突然動かなくなってしまったら
とても焦りますよね。

48090455_163x291

でも、もう一度確認して下さい。
ハムスターは冬眠するのです。

ハムスターの様子をもう一度確認して
状況を把握して正しい対処をすれば大丈夫ですよ。

ハムスターの冬眠見分け方は??

ハムスターは、室温が5度くらいになると、体温、心拍数、呼吸が低下します。
(ゴールデンハムスターは10度くらいで冬眠するようです。)

特に急激な寒さが訪れる秋〜冬の
お部屋が暗くなる時間に冬眠状態になる可能性が高まります。

この冬眠状態でも呼吸はあるはずです。
かすかかもしれませんが、鼓動もあるはずです。

上記のようでしたら、
冬眠状態の可能性が高いです。

しかし、これはとっても危険な状態です。

直ちに温めてあげて下さい。

ハムスターが冬眠 回復方法は?

先ほど直ちに温めてあげる必要があるとお伝えしましたが、
20〜30分間が、勝負でこの間に処置をすれば
回復する可能性があります。

とにかく体を温めてあげるしかありません。

この時に急激に温風(例えばドライヤー)をあてないで下さい。
急激な体温上昇しは、心臓に負担がかかってしまいます。

お部屋を温めてて
タオルでくるんであげたり、
ホッカイロを近くに置いてあげて暖かさを与えて下さい。

徐々に体が温まると
硬直もほぐれてくるはずです。

その後目を覚ましたら
はちみつを溶かした白湯を与えて下さい。

様子を見て、動物病院へも連れて行ってあげて下さい。

大切なハムスター。
環境変化に敏感なので、温度調整には気をつけましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です