振袖の下着はこうすると、恥ずかしくない。美しい!!

スポンサードリンク

成人式の着付けの時に
下着姿を着付けの方に見られるのではないかと
心配されているあなたに、
仕事でも着物を着こなしていた筆者が
当日安心出来る事前準備についてお伝え致します。

スポンサードリンク
これで安心して。振袖の下着はこうする

着付けの時に裸や、下着姿1枚になることはありません。

着物の下には肌襦袢(はだじゅばん)を着用し
肌襦袢の下にはキャミソールを着用して問題ありませんので、
キャミソールを来て着付け会場へ向かいましょう。

この場合のキャミソールは透けることはないので
濃い色のキャミソールでも問題はありません。

しかし、生地としては薄い素材のキャミソールがおすすめです。

素材が厚いと
上半身に余分な厚みが出てしまって、
太って見える着こなしをなってしまう上に
数時間来ていると、動きづらく感じてしまうでしょう。

振袖の下着でパンツはこうすれば、恥ずかしくない
パンツは大きく薄めの素材を着用していきましょう。
お着物の表面からパンツの線が浮かぶようですと
とっても格好悪いですよね。

薄めの生地を選ぶことで
お着物の厚みを増すこともありませんし、

大きめのパンツを選ぶことで
着付けの際にVラインやヒップが、大きく出ることもありません。

PAK85_seijinsikikeitai20140113_TP_V

特にVラインが夏場の水着時期でないので
しっかりと処理されてないと
当日、恥ずかしい!!という瞬間がありますので、
必ず大きめのパンツを選ぶようにされてくださいね。

もし、防寒も兼ねるようでしたら
太ももまでの長さのスパッツを着用されてもよろしいと思います。
振袖の下着でブラジャーはこうすると美しい!
最初にキャミソールを着用して問題ない旨お伝えしましたが、
ブラジャーは、スポーツブラタイプをおすすめ致します。

ワイヤーが入っていると
着物の着付け時の紐や、帯でワイヤーが
時間が経過するにつれてどんどん食い込んで
痛くなってしまいます。

また、帯の上に胸が乗ると
太って見える原因となり、少しおばさんっぽい着こなしになってしまいます。

お若く清々しい着こなしにするには
お着物の場合は、胸元を押さえ込んだほうが美しい着こなしになります。

着付け当日は、
キャミソールにスポーツブラ・大きめのパンツを着用して
着付け会場に向かわれて下さいね。
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です