喪中の時スマートにメールをすることで人望UP

スポンサードリンク

喪中の方へ年初めにメールする時
なんて文頭にしたら良いのか?悩みませんか?
スマートな方法お伝えします。

スポンサードリンク
喪中の人へ新年の挨拶メールをスマートにする方法

ビジネスにおいても、
年初めの文頭には新年のご挨拶を含めるかたも多いのではないでしょうか。

相手が喪中のことを、知っている場合
『明けましておめでとうございます』なんて冒頭に書けないし、、
『お疲れ様です。〜』だけの文頭で良いのか
迷いますよね?

この場合は、
メールにおいても『おめでとう。』の単語は含まずに
『年初のご挨拶申し上げます。』
が最もスマートな文頭では、ないでしょうか。

程よくかしこまった雰囲気も出て、
新年らしいしゃんとした姿勢が伺えると思います。

自身が喪中の時にスマートにメールの返信をする方法

今度は自分が喪中の時に
友人や職場の相手から新年のメールが届いた時の対応方法をお伝えします。

この場合は
『おめでとう』の文字を含まずに
『今年もよろしく』を含ませれば問題ありません。

もし返信が遅れた場合は

『喪中のため、ご挨拶が遅れました。今年もよろしくお願い致します。』で、

問題ないと思います。

特に友人であれば
悪気があって送ってきたわけではないので、
変わらずに連絡をくれることに感謝しつつ
自身がスマートに対応すれば
心地の良い関係を続けられるでしょう。

ハガキであれば
寒中見舞いがありますが、
メールで返信時期があまりにも、遅いのも相手を心配させてしまいます。

臨機応変に対応することで
送り手も気まずい思いをせずに過ごすことができますね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です