ペットの喪中。気落ちしている友人への年賀状。犬の死は喪中か。

スポンサードリンク

友人のペットの死。

気落ちしているご友人に年賀状を送って良いか聞く事も
躊躇してしまいますよね。

解決のヒントお伝えします。

スポンサードリンク

ペットの喪中。気落ちしている友人に年賀状送る?

ペットは家族。

近年この思いが、社会的に認められてきています。

img_1153_s

最近はペット
特に犬が亡くなると、
喪中ハガキを出し年賀状を控える
家庭が増えているそうです。
これは、必須な対応ではなく。飼い主の心のケアという意味合いが大きいでしょう。

つまり、
喪中かどうかはその飼い主たちが決めればいいと思います。

しかし、気落ちしている友人に
『ペット亡くなったから、喪中だよね?』と聞きづらいですよね。

察して欲しいデリケートな問題ですし
もし喪中という認識がない場合
『喪中』を押し付ける発言は、相手は嫌な気持ちになるでしょう。

また、せっかくペットの死を忘れて会話している中で
ペットの死を思い出させる会話も気が引けます・・

そこで一般的にどのように考えるか次の章よりお伝えします。

犬の死は喪中にあたるか

犬は家族の一員と社会的にも考える人が多くはなっておりますが、
やはり理解出来ない人もたくさんいます。

全員が犬を飼っているわけではないので、気持ちを理解しろと言われても
想像するしか出来ませんので、気持ちを共有することは難しいでしょう。

しかし、
動物に関しては『喪に服す』は行わないのが常識です。

最近の寺院では、ペット(動物)の葬儀を行ったり、
納骨出来る寺院もありますが、
そもそも、動物霊は転生の修業をするのに産まれてくるのであるため、
人間と同様に供養することは間違いです。

動物の命も大切ですが、
喪に服すペットには該当しないが常識となります。


犬の喪中では年賀状どうするか?

先ほどの章でも述べましたように
犬の死に対して『喪に服す』は不適切です。

なので、普通に年賀状を出して問題ありません。

ただ、ご友人に会ったときやメールをした時に
ペットのことで落ち込んでいたら
いたわりの言葉をかけてあげましょう。

ご友人は悲しく寂しい気持ちにはなっているのは間違いありません。
心に寄り添うことは、必要でしょう。

ただ、それ以上に過剰な悲観の気持ちは不要です。

いつも遠りで良いのです。

まとめ

ペットの死。
それは、とても悲しいことです。

ペットを飼っていると絶対に体験する悲しい出来事でしょう。

でも、ペット(動物)は、人間とは供養の仕方が違うのです。
なので、年賀状は差し上げて問題ありません。

年賀状って頂くと気持ちがほっこりしますからね^^

年賀状を送って、ご友人を励ますと考えてください。

ご友人の悲しい気持ちに寄り添いながら、いつも通り楽しい日々を送れるように
見守りましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です